長野県の戸隠神社に行ってきました!龍や鳳凰、神さまに出会える神社。

長野駅からバスで約1時間。

今回の旅行のお目当て、

戸隠神社に到着しました。

 

www.togakushi-jinja.jp

 

バス停から奥社や九頭龍社までは約2キロ。

結構大変だと聞いていたので

いけるかどうか不安でしたが、

とにかく行けるところまで行ってみようと、出発!

f:id:kobitonohanachan:20170913173900j:plain

<随神門>
 

1キロ歩いた先の随神門に着いたところにいた

若い女性グループの方々に

私たちでも行けるものかどうか聞いてみました。

「大変なところもあるけれど、

とても良い場所なので行った方がいいですよ!」

勧めてもらったので、最後まで行ってみようと決めました。

 

思い切って行ってみて良かった!

その門を越えた杉並木の間から

龍の姿が見えだしたのです!!

f:id:kobitonohanachan:20170922163621j:plain

 f:id:kobitonohanachan:20170922161106j:plain

戸隠の地は龍神の根城。

奥社に祀られている天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)よりも

ずっと以前から地主神として祀られている龍神は、

龍神界の親玉なんだそうです。

 

九頭龍社の前で見上げた空には

次々と龍が現れてきました!

顔まですっかりわかるような龍もでてきたのですが、

写真ではなかなか伝わりにくいのが残念……

 f:id:kobitonohanachan:20170922160840j:plain

<九頭龍社>

 

撮影した写真36枚中

12枚に龍や神様の姿が写っていると

はなちゃんに教えてもらいました。

(はなちゃんには他にもたくさんの龍や神さまが見えるそうですが、

主なものに丸を付けました。)

f:id:kobitonohanachan:20170922161046j:plainf:id:kobitonohanachan:20170922161112j:plain

 f:id:kobitonohanachan:20170922161119j:plain

はなちゃんが言うには、

戸隠神社に訪れるたくさんの方々を見守るために

龍がたくさん集まっているようです。

 

次から次へと現れてくる龍を見上げていましたが、

他に空を見上げている人はいませんでした。

もったいない!

神社に行った際には、

是非、空を見上げてみてください。

何か素晴らしいものと出会えるかもしれません。

 

 f:id:kobitonohanachan:20170922161056j:plain

 

一日中、雨の予報でしたが、

草も揺れない程の無風の中

キレイな青空が広がっていました。

帰りに随神門から振り返ると

空には雲が広がり始め、

雨が降りそうな雲行きになり始めていました。

 

青や白色の龍、鳳凰

神様にお会いできて

充実した幸せな一日になりました。

 

心霊スポットには行かないで!後悔する前に止めておきましょう。

心霊スポットに行ったことはありますか?

 

肝試しだと気軽な気持ちで行くと、

思わぬことが起きて

後悔することになりかねません。

絶対に行かないようにしましょう。

 

Aさんが若いころの話しです。

友人5人と車で心霊スポットに遊びに行った帰りのこと。

何事もなく車に戻り、

「案外怖くもなかったね~」

などと話していたところ

急に警察官2人に止められました。

 

乗用車の定員オーバーだと言います。

7人乗っているでしょ、と。

車の屋根の上に一人。

車中で両手を広げて笑っていたのがもう一人。

 

調べられて、5人だとわかり

……ゾッとしたそうです。

 

警察官の方も一緒に

手を合わせてお詫びをしたと話していました。

 

もう二度と、

絶対に心霊スポットなどには行かない!

強く言っていました。

 

同じ道をぐるぐると回らせられた方、

草むらの中に潜む、

得体のしれないものに追いかけられた方などの

話しも聞いたことがあります。

 

心霊スポットに行くことは

他人の家に断りもなく土足であがりこむのと同じこと。

家主は、もちろん怒りたくもなりますよね。

 

心霊スポットに気軽に近づかないようにしましょう。

行こうとしている方がいれば

止めてあげましょう。

 

後悔してしまう前に

止めておいた方がいいと思います。

オーラに表れる状況・心境の変化

何度か言葉を交わしたことのある

20代前半の女性が

突然、身の上話しを

してきてくれたことがありました。

 

お母さんは中学生の頃に亡くなり、

お父さんは再婚して

相手の方の家に住んでいるので、

実家もないとのこと。

頼れる人も、アドバイスをくれる人もいない彼女は

一人で、頑張って生活してきたと言います。

 

その後、何度か家に遊びに来てくれる度に

「もし、私の娘だったら…」という気持ちで、

話しをしました。

その時、黄色のオーラをまとう彼女は

一人でいるのが苦手で

誰かと一緒にいたいという気持ちが強いように感じました。

 

お付き合いしているという方の話しを聞いた時は、

私が母親だったら

とても賛成できないと話しました。

話しているうちに、

なぜか涙が溢れ出てきました。

亡くなったお母さんが

私を通して話しをしているんだろうと感じました。

 

私と話した後も

なかなか別れられないでいたけれども、

本気で心配して

涙ながらにアドバイスしてくれた気持ちが嬉しくて

別れることができたと

話していました。

 

それから数年後、

偶然出会った時の彼女は

温かなピンクのオーラをまとい、

幸せいっぱいの笑顔でした。

 

「結婚したんです!今、とっても幸せです!」

と、満面の笑みの彼女は、

頼れるご主人と

愛情いっぱいの安定した生活を送っているとのことでした。

 

心から嬉しく思いました。

きっと、

彼女を見守ってくれているお母さんが

私を使って、

彼女の道筋を正してくれたのでしょう。

 

 

タロット占い・算命学・姓名判断の結果 私の青春を返して!怒りから、一転、結婚へ。

数年前のこと、

知人から悩んでいる人がいるから

話しを聞いてあげてほしいと言われ、

ある女性とお会いしました。

 

「私の青春を返してほしい!!」

彼女は怒っていました。

 

20歳から9年間付き合っていた彼と

遠距離になってしまい、

仕事が忙しいと

連絡も付きにくくなり、

もうダメかもしれないと落ち込んでもいました。

 

お二人の名前と生年月日を聞き、

タロット占いの結果を

後日お渡ししました。

 

とても喜んでいただき、

占い結果を額に入れて飾ってくれていたそうです。

 

以下、占い結果の一部抜粋です。

 

<彼女の姓名判断>

吉凶半々の人生になります。

しかし、困難にあったとしても

くじけず、失敗から教訓を学びながら前進していけば

幸せな晩年になります。

他力本願ではなく、自分の考えで生きていくことで

人生に目標が見え

幸せに生きていくことができます。

 

 

<彼との相性>算命学より

彼とは性格が異なりますが、お互いに惹かれあい、馬が合う関係です。

彼が気になるあまりつい口出し、手出しをしてしまいがちです。

一方的になったり、

やりすぎたりしないように注意していくことで

揉めることもなくうまくやっていけます。

少しやきもち焼きで、心配症で寂しがりや

そして、愛情深いあなたを

彼は広い愛で受け入れてあげましょう。

 

 

<結婚運>タロット占いより

今年は何かと落ち着かず、すれ違いが多くなってしまう

先に進まない関係の二人です。

来年は、身近な人との愛情・信頼関係が深くなる年です。

惜しみない愛情を注ぎ、

積極的に過ごしていきましょう。

二人にとって結婚に向かう、理想的な年となります。

特に4月と10月がベスト。

次は、3月と11月が良い時期となるでしょう。

愚痴や不平を言わず、

相手に愛情を与え合い、努力することで結ばれる二人です。

 

結果として、

ある年の7月に占いをしてから、

その年の10月に彼のご両親にお会いすることになり、

翌年の3月に入籍。

10月に結婚式を挙げました。

 

占いをしてから

あっという間に物事が進み過ぎたため、

彼女も彼女のご両親も戸惑っていたほどでした。

流れに乗っていった方がいいとアドバイスしたところ、

話は順調にまとまり

彼女は満面の笑みで

式を挙げることができました。

 

青春を返して欲しい!と怒っていた彼女は

幸せな結婚をすることができました。

このように占いを通して、

多くの人たちが笑顔になっていくのを見ることができると

私も幸せな気持ちになります。

これからも、

占いを通して笑顔を増やしていければと

願っています。

「耳の中のアブ」児童書ですが、なんだか深い。お母さんが子どもに与える影響力。気持ちをきちんと伝えることが大切です。

 

「耳の中のアブ」

という本を読んだことがありますか?

 

たまたま手に取り、

あらすじにあった「言霊」という文字に惹かれて

読んでみました。

児童書なんですが、なんだかちょっと深い。

お子さんと一緒に

お母さんにも

読んでもらいたい一冊です。

 

耳の中にアブが入って以来、

主人公の小学5年生のキリコは

友達の心の声が聞こえたり

幼い日の自分と出会ったりと

不思議なことが起こります。 

その中で

母親や友達との関係において大切なことを学んでいきます。

 

これから読まれる方もいらっしゃるかと思うので

詳しい内容は省きますが、

お母さんとの関係が子どもにとってどんなに重要か、

子どもの性格や友達との関係

自己肯定力など

様々な点で、深い影響を及ぼしていることがわかります。

 

以下、文中より抜粋した文を一部ご紹介します。

(児童書のため、ひらがなが多くて読みにくいかもしれませんが、そのまま載せています。)

 

 理由なんてどんなのでも、もうききたくない。

期待するのはもうよそうときめた、七歳のキリコがいた。

 

わかってくれているはずだと思いこんでいたかもしれないって。

思いをつたえるって、きちんと表現しなくちゃ意味がないんだなあって、

今さらだけど、ほんとうにそう思うの。

このアタシが?ってわらうでしょうけど、

ときどき不安でたまらなくなるのよ。

  (キリコのお母さんからの手紙)

 

そばで女の人が後ろを向いて、一心になにかをしていた。

女の子が人差し指で、その人の背中に指で何かを書いた。

でも女の人は、自分の目の前のものに夢中になっていて、気がつかない。

そばにいるけれど心は遠くはなれていて、

まるで後ろ姿しかないかのようだった。

 

心の底では、(お母さんに)きらわれたくなくて必死なのに、がまんできなかった。

ゆるせないと思った。

それなのに悲しくて涙が出た。

 

「キリコはなんにもわかってないのよ。あたし、どうすることもできなくて。

なにもかも……ママはわかってくれなくて、あたしはママの人形じゃないのに!

(友達のコンパがキリコへ言った言葉)

 

コンパはきっと、お母さんの期待にこたえようと、せいいっぱいなのだ。

 

もしかしたら……コンパも、お母さんのぬくもりを、求めているのかもしれない。

お母さんに、自分の思いを受けとめてほしいのだ。

 

キリコは自分でも気づかないほど心の奥で、自分のせいでお母さんにきらわれていると、思いこんでたようなのだし。

 

「ああ、おとなだって進化するんだぜ、ほんと……」

おとうさんは大まじめな顔で、でもちょっと照れた。

そうか……そうなんだ。キリコはお父さんの目をまっすぐに見つめて思った。

お父さんとお母さんも、いろいろな思いをかかえて今があるのだ。

そう思うと、なんだか勇気がわいてきた。

お父さんもお母さんもキリコと同じ進化中なんだと思った。

 

 

「あたし、お母さんにはわかってもらえないんだって、もうずーっと前からあきらめて、いやなことはみないようにしてきたの。

でもそれって、自分にも、うそをついてきたってことだったの。

 わかってもらおうともしてなかったし、自分の思っていることを、まっすぐにぶつけてみようともしてなかったの。

でも、親子だって話し合わなきゃわかんないし、おとなもなやんだり苦しんだりして変わるんだってこと、あたし少しだけわかったの。

 

大人になってからも

お母さんとの関係性がトラウマとなって

苦しんでいる方が

多くいらっしゃいます。

 

いつも一緒にいる家族だから

言わなくてもわかってくれるだろう

ではなく、

いつも一緒にいるからこそ

気持ちをきちんと伝えることが大切なんだなと

改めて思いました。

 

自分の心の声を言葉で伝える勇気を持ち

相手の声を

受け入れる心の余裕を持って

共に過ごしていきたい。

そう思います。

 

 

逢魔が時にご注意を!赤ちゃんの黄昏泣きとも関係してる?「気を付けてね!」という言霊のお守りを付けてあげましょう。

逢魔が時(おうまがとき)とは

大禍時(おおまがとき)、黄昏時とも言い、

夕暮れの薄暗くなる時刻

現在の17~19時頃を指します。

 

逢魔時 - Wikipedia

 

昔から、

この時刻になると

妖怪など禍々しいモノたちが動き出す時間帯だと言われてきました。

 

昔からの言い伝えには

意味があるんだと思います。

きっと、

多くの人が何かを感じたり、

見えたからこそ

注意するように言われてきているのでしょう。

 

今でも、

逢魔が時になると

何かが現れるようです。

私たちのオーラに傷をつけるそれらは、

ふわふわと浮きながら

部屋に入ってきます。

 

それを部屋に入れないためには

ドアを閉めること!

日によって時間は異なりますが、

17~18時の間は要注意!

ずっといるわけでもないから

閉めっぱなしにしておかなくても大丈夫ですが、

気を付けてみてください。

 

特に、

小さなお子さんのいるご家庭で試してみてください。

夕方になると泣き出してしまう

赤ちゃんの黄昏泣き

もしかしたら、

何かの気配を感じて

不安になって泣いているのかもしれません。

 

交通死亡事故のピークも

逢魔が時の17~18時頃。

 

仕事や学校に行かれる方を

朝送り出すとき、

「いってらっしゃい」に加えて

「気を付けてね!」と言って

送り出してあげてください。

 

「気を付けて」という言霊には

その人を守る力があります。

言霊のお守り

毎朝付けて送り出してあげましょう。

思い出のおやつと、くじ運アップのコツ!

思い出のおやつはありますか?

 

子どもの思い出のおやつは

「ヴィエネッタ」

 

子どもが風邪をひくと、

夫は必ず「ヴィエネッタ」というアイスクリームを

買って帰ってきてくれました。

 

誰かが風邪をひくと、

ひいていない姉弟たちは大喜び!

日頃は、なかなか買えない

特別なアイスクリームでした。

 

今では、孫が風邪をひいたと聞くと

「アイスを買っていこうか?」

とメールがきます。

昔と違って、色々な種類のアイスがあるし

ヴィエネッタでなくてもいいよ!と伝えます。

孫の好みも色々。

アイスというだけでは、

なかなか喜んでくれません(^~^)

 

私の思い出のおやつは

「パラソルチョコ」です。

 

私が子どもの頃

子煩悩だった父は

毎日、2本の「パラソルチョコ」をお土産に

帰ってきました。

毎日どこで買ってきているんだろうと思っていましたが、

実は、箱買いをして

会社の引き出しに入れておいたパラソルチョコを

私と妹の分、2本ずつ持ち帰ってきていたそうです。

 

当時流行っていた

漫画のキャラクター「丸出だめ夫」のチョコレートの時もありました。

包み紙を集めて送る懸賞があったので、

妹と一緒にせっせとためて送ると

大当たり!

欲しかった「丸出だめ夫のプール」が当たり、

妹と二人

庭で水遊びを楽しみました。

 

今でもくじ運が良く、

欲しいなと思ったものが当たったりすることが多いのですが

思い返すと

子どもの頃から良かったみたいです。

 

宝くじはほとんど買ったことがないのでわかりませんが、

くじ運アップのコツは

具体的に強く強く願うこと!

これが欲しい!と具体的に思い、

それが当たることを心から信じます。

子どもが引く時には、後ろから

「当たれ当たれ~!!」

と、念を送ります^^

すると、何故か当たるんですよね。

 

引き寄せの法則

が働いているのかもしれません。

 

心のどこかにある

「どうせはずれるし…。」

という気持ちを捨てて、

心の底から

当たることを信じてみてください。

もしかしたら、

くじ運がアップしてくるかもしれませんよ!